夜が寒いっ

最近昼間はそんなにないけど夜になると結構寒いですね。

看護師の仕事をしながらこっそり夜クラブでバイトしてる私は夜遅い時間に

帰宅することが多いから夜の寒さが身にしみます。

本当なら毎日バイト行きたいんだけどさすがにそれは出来ません。

行けばやっぱり多少なりともお酒を飲むし帰宅するのがかなり遅くなるから次の日の朝が辛いんだよね。

翌日が看護師の仕事休みって時にはお客さんと思いっきり楽しく飲んじゃいます。

ただね、仕事仲間にも内緒で働いている私、もしもお客さんとして患者さんが来ちゃったらどうしようって思うこともたまにあるんだっ。

もちろんお店の人には昼間の仕事の話はしてるからなんとかなるだろうけどね...。

いつまでも二つの仕事をしている体力ないかもしれないけしばらくはこのままの生活を楽しみたいっ。

恋するナース☆

最近私、ちょっと恋をしちゃってます。

恋をしたといっても猛烈に恋愛しているわけではなくて、この人とだったら楽しい時間が過ごせるんじゃないかな...なんて一人勝手に妄想してる感じです。

昼間は看護師、夜はアルバイトしてる私だけど実はそのアルバイト先で出会った人なんだよね。

彼は私が昼間看護師として働いていることは知ってます。

彼の目に私ってどんな風にうつってるんだろう...この頃は仕事をしている時でもそんなことをたまにふと思ったりしています。

自分の気持ちを打ち明けたわけではないから何にも始まってないんだよね...。

もうしばらくは今の状況が続くんじゃないかな。

なんだか久しぶりにこういう気持ちを味わっている感じ。

恋をするときれいになる...なんていうけど私も少しはきれいになれるかなぁ。

でもこのままじゃダメな気がする。

もっとちゃんとしなきゃ・・・。

いっそ故郷を離れて東京で看護師として一からやり直そうかな・・・。

まぁそんな度胸もないんだけどね。

そういうとこもダメだよね・・・。

夜のお仕事今年も開始

今年初めての夜のバイトにようやく出勤しました。

年始は看護師の仕事が結構忙しくて休みをもらってたんだよね。

あまりに忙しいから自分の体を休める時間がなくてこんな調子で夜まで仕事をしてたら

絶対体調壊すって思ったからね!

幸い私が働いているお店では私が昼間看護師の仕事をしてること、ちゃんと知ってるしお店が忙しくなるのも今週末あたりくらいだからね。

正月明けすぐはやっぱりみんな仕事が忙しかったりお金の余裕がなかったりするんじゃないかな。

そんなお店が比較的暇なときにしっかりお休みもらって自分の体調管理をしておかないとね。

看護師の仕事もそんなに休めないしバイトも忙しい時期には休みたいなんていいづらいもんね。

どっちも大好きな仕事だからしっかり自分で管理して続けないと!

 

クラブと看護師、がんばるぞっ

クラブで働いている私、昼間は看護師の仕事をしているから昼も夜も働いている...って感じだけど家に帰っても特にすることはないしクラブの仕事は昼間の仕事がある前日は遅くまでは勤務しないから体力的な面では全然問題ないんだよね。

逆にクラブで楽しく働くことがストレス発散となっているような気がするんだよね。

看護師の仕事はいわゆる営業スマイルがとても必要な仕事。

だけど毎日毎日同じように笑顔を作るのって大変なんだよね。

人間だから...感情があるから...。

そんなストレスをクラブの仕事でしっかり発散させてる私。

二つの仕事をしているから昼間の仕事が続けていられるって感じかな。

それにあまり遊び歩いたりする時間がない分貯金も増えちゃった。

まだまだしばらくの間はこの二つの仕事をしっかり両立していきたいなって思ってます。

二つの仕事が同時に忙しく!

看護師の仕事が段々忙しくなってくるのと同時にこっそり副業で働いているクラブでも徐々に忙しくなってきています。

クラブはこれから年末までに結構忙しくなってしまうから今は毎日勤務していないけどこれから少し出勤が増える感じです。

でも私の場合は本業があるから毎日ってわけにはいかないんだよね。

それにあまり飲みすぎるわけにもいかない。

翌日お酒のにおいをぷんぷんさせて出勤するわけにはいかないもんね。

看護師の仕事、夜の仕事両方あっての私です。

どちらか片方欠けてしまったら精神的にちょっと不安定になっちゃうかも。

看護師の仕事でたまったストレスを夜の仕事で発散させているからねぇ。

この仕事を始めてからなんとなくだけど看護師の仕事が楽しいかなって思えるようになってきたんだよね!

先日、雑誌を読んでいたらありえないくらいブサイクなルックスをしているホストを見つけてしまいました。

とにかく酷いの一言につきるホストは過去に様々な職業を転々とした挙げ句、最終的にホストへの転職を決意したそうです。

それにしてもどうしてルックスがあんなにもイマイチなのにホストに転職しようとしたのでしょうか?

ワタシにはサッパリ理由がわかりませんでした。

世の中には様々な人達がいるので、仕方ないかも知れませんが、あまりにもブサイクなのに自信満々なオーラを醸し出している男の子を見かけると、さすがに嫌気がさしてしまうワタシ。

お笑い芸人でたとえるならノンスタイルのツッコミの人がそんな感じですよね?

見た目はかなりブサイクなのにイケイケで自信満々な態度をしている彼はお笑い芸人の中でも嫌われているみたいです。

まあ、彼の場合はそんな自分自身をネタにしているのでプロフェッショナルなのかも知れません。

しかし、みんながみんなノンスタイルのブサイクさんみたいな感じになれるはずはなく、ホストに転職したブサイク君にはこれから厳しい現実が待ち構えているに違いありません。

とりあえず、ひとこと言っておきたいのですがワタシはべつにホストという職業に転職する人をバカにしたり差別しているわけでないです。

ただ、あまりにもルックスが要求される仕事に対して、めちゃくちゃブサイクな容姿をしている男性が自信満々なモチベーションで転職してしまえる気持ちに関しては疑問点がたくさん浮かぶという話をしているだけです。

まあブサイクであれ、面白いトークなどでお金持ちのお客さんからガッツリお金をゲット出来たなら、それは立派なホストかも知れません。

なので一概にブサイクという理由だけでホストへの転職を否定する考え方は良くないと思いました。

[PR]大手企業の経営企画に転職しよう!

二つの顔を持つ看護師

二重の仕事で精神的にも肉体的にも本当だったらかなり疲れ果てているはずなんだけど不思議なことに私はこの二つの仕事をしているおかげで結構精神的に保たれているんですよね。

昼間の看護師の仕事はとにかく忙しい...。

自分の素なんて見せることは不可だしいつも周囲に気を使っていないといけなくて精神的にはボロボロになっちゃいます。

でもね、そんな昼間の仕事が終わってクラブで働くと元気になれちゃうんですよねぇ。

ありのままの自分でいさせてくれる場所。

この存在があるからこそ今の私がある。

副業がばれないようにするのは大変だけどね。

いつの日か病院に偶然来院したのがお店のお客さんだった...なんてことがあるかもしれないよね。

そういう日が恐ろしいな...なんて思うことはよくあります。

 

 

私の仕事二つ。

最近看護師の仕事も忙しいけど夜のアルバイトの仕事が思いっきり忙しい毎日です。

クラブでこっそり働いている私なんだけどもししかしたらこの時期看護師の仕事よりも忙しいんじゃないかな?

季節的にも飲みに出かける人が多いんだろうね。

ただ、不思議なことに看護師の仕事を終えた後の疲れとクラブから帰ってきた時の疲れって違うんだよねぇ...。

看護師の仕事は精神的にも疲れ果てちゃうから本当にどっと疲れが押し寄せてきます。

だけどクラブの仕事は疲れてしまってもなんだか達成感というか気持ちよさがあるんだよね。

私にとっては昼間の仕事よりも夜の仕事の方が精神的にはとてもいい感じなのかもしれないね。

とはいっても夜だけ働くっていう生活にはなりたくないんだけどね。

 

あわてずあせらず!

昼間はナースの仕事をがんばっている私だけどその分夜は楽しく笑いの中でこっそり働いている私。

夜の仕事は「仕事なんだ」っていう感覚がぜんぜんないんですよね。

楽しく騒いで遊んで...って感じです。

私はもしかしたら昼間の仕事よりもこの仕事のほうが向いているのかもしれないって何度も思ったことがあるんだけど...昼間の仕事を辞めてしまおうかって悩んだりもしたんだけど...その勇気がないんですよね。

しばらくはこのまま二つの仕事を続けていこうかなって思います。

いつの日か自分にとって何が一番いいのか決断のつく日がくるんじゃないかなってその時をあわてずに待つことにしました!

人間何事もあせってしまったら最終的に間違った決断をしてしまって後悔してしまうことになるんだよね!

 

秘密のアルバイトちゃん

みんなには内緒で看護師の仕事が終わった後夜アルバイトをしている私。

病院関係者がお客さんとして来て、何度もばれそうになったことがあるけどお店の人にはきちんと自分の身分を明かしているから病院関係者が来たときには接待を免れてます。

少しでも収入アップしたいからという理由もあるけど夜働いている最大の理由はストレス発散なんですよね。

そのこともお店には話しています。

私が飛び込みで面接を受けたこのお店はとってもいいお店だったみたいですごくかわいがってもらえてお客さんもすごくしっかりした人が多いから続けることが出来ているんだろうな...。

看護師の仕事も辞めたくないけどここでのお仕事も私にとってはとても大切な仕事になっちゃっています。